横浜市金沢区、鎌倉、逗子、葉山の一戸建、土地、マンションを探すなら【アートテラスホーム】

代表あいさつ

アートテラスホーム株式会社
代表取締役 石原誠司

建築屋さんの仕事は「家を建てること」、これは何となく共通認識として定着していますが、不動産屋さんの仕事は?って聞かれると、賃貸物件を探したり、土地や建物を売ったり、買ったりしたい場合に依頼するところ、というのが何となくぼんやりとした一般的な認識だと思います。

私たちは建築屋さんが「家を建てること」であれば、不動産屋さんは「家を探すこと」、これを共通認識として定着させることがお客様にとって最も最善なことだと考えています。

とくに私たちのように不動産という大きなお金が動く仕事に携わる立場であればあるほど、私利私欲に流されやすい側面をもっています。きれい事になるかもしれませんが、「公正無私の追及」これこそが一番求められていることだと私たちは考えています。

例えば、お客様が気に入った中古住宅の売り物件を購入したいと考えたとき、その物件を仲介している不動産業者に相談することになると思います。
お客様としては、中古住宅ですから建物が安全かどうか気になりますよね。
担当者から、そのまま住めますよと言われたり、耐震性がないから危険、劣化がはげしい、建物としての価値はない、他にもっといい物件がありますよ・・・などなどがありがちな会話で、担当者とのコミュニケーションが深まります。
でも、本当にそのまま住める住宅なのか、または建物としての価値が本当にないのか、それとも他に勧められる物件が本当にお客様にとっていい物件なのか、お客様でなく担当者にとっていい物件ではないのか・・・と、疑えばきりがありません。

ここではっきりとさせたいと思います。
不動産屋さんは「家を探すこと」のプロですが、建物の価値を評価することについてはプロではありません。
ここは「家を建てること」のプロである建築屋さんの領域となります。
つまり、中古住宅にしても新築住宅でも、不動産屋さんと建築屋さん双方違った立場からの評価に基づいて、本当にその物件がいいのかどうかを判断すること、が、私たちがお客様に求められていることだと考えています。

私たちアートテラスホームは、建築屋さんから発展してきた会社です。
細かくいうと、創業当時は大工職人として汗を流していました。
そんななかで日々、お客様と、建築屋さん、不動産屋さんの微妙な関係性を肌で感じながら、お客様にとって本当にいい家づくり、家探しとは何かを自問自答しながら、大工職人から建築屋さんを経て、そして念願の不動産事業を立上げ、お客様にとって本当にいい意味での家探しができる体制を整えることが実現しました。

私たちはお客様が「家を探すこと」のご要望に、社内で不動産屋さん的立場の「営業部」と、建築屋さん的立場の「設計部、建築部」双方で重ね、ある意味第三者的見地で判断し、お客様のご要望に答えることがアートテラスホームの強みだと思います。

最後に、不動産屋さんの仕事「家を探すこと」、にひとつだけ付け加えるとするなら。それは、総合的な情報収集力と判断力をもって「お客様を最後まで責任をもってエスコート」することだと思います。